<< Back







熱くねむるちいさな手をとった
しわだらけのざらざらしたこの手に
思いがけず胸がつまる
いつの間にやら
こんなに年を取ってしまった
かさかさと細かいしわ
角質だらけの指先
気付けば恨み続けた母そっくりの手は
親不孝なささくれを十も持っている
あの日
病院で意識のない私を見ていた母も
こんな手をしていたのだろうか
そして
同じことを思っただろうか
ちいさな手に

涙が落ちるかとうつむいた時
荒れたこの手の赤みが目についた
ほのかに赤く かすかに色づき
それは確かに
脈打ついのちとちからとあと少しの若さだった
熱いちいさな手を守りゆくために与えられたものを
荒れた両の掌いっぱい抱きしめた

規則正しい秒針が
力強く響く 静かな夜

ひとり