<< Back



自然のちから



自然のちから 静かなちから
季節は選ぶものではなく 待つもの
いつか確かに訪れる光は
勝ち得るものではないと
やっと気付く日々のささやかさよ偉大さよ

歩いていく歩いていく歩きつづける
歩みが時々に速くとも 鈍くとも
あなたというひとの時計が回るまで
黙って針を見つめていたら
忘れていた緩やかな息の仕方を
わたしも思い出せるように思うから

流れるちから 確かなちから
それは大きな時のちから そのもの
自らの中の 風を待つ力
育み 蓄える日々は
あなたとともに生きてゆく

歩いていく歩いていく歩いてゆける
わたし というひとの時計が回るまで