<< Back



贖罪



欲しかったのは
たったひとつの 許すことば
生きていることを
許すことば

「愛しているよ」

それさえあれば生きていけたのに
それさえあれば。

求めることすら 許されないまま

ひしゃげたこころの隅が今夜も痛む
眠る小さな背中にすがり
こどもになって泣いている夜更け
母というには小さすぎるこの手を握り返してくる
それよりも小さなてのひら

「愛しているよ」
「愛しているよ」

他には何もできないけれど
てのひらを握りしめ
まなじりの涙を拭い
抱きしめることだけが
私のたったひとつの贖罪の術
私が許されたい場所は もう
引き返すには 遠すぎて。