<< Back



夏の影



その上の空だけ ぽっかりと梅雨明けした遊園地
ブルーグレイの広場にぽっつり落ちた
小さなまるい私の上に
ゆっくりと大きな影がやってきた
それは振り子のように規則正しく
加速しながら私を覆い
減速しながら私を去る
季節を忘れた人たちを乗せ
空を揺れつづける船
見えなければいい
隠しておけばいい
何にも悟られぬように 留めた思い
それでも胸の高鳴りを押さえることはできず
大きな夏の影に呑まれそうになる
落ちてくる影に引きずられていく思い
さあ今度は空まで引きあげて
夏の影に潜んで
生きつづける思いを投げ上げたい
あなたまで