<< Back



めがね



夜 お風呂に走っていったあと
静かなテーブルにぽつりと置かれたきみのめがね
何で汚れているのか
虹いろに鈍く光る点々が滲む

きみが今日、見つめていた世界
これを通して見ていたことも忘れ
むちゅうで過ぎたいちにち
何を思い何を感じていたのか
めがねは、きみといっしょに全部見ていたんだね
だから、こんな滲みだらけ

涙のあとがある日は 泣いた
汗のあとがある日は がんばった
皮脂のあとは生きているしるし
めがねはぜんぶ知っている きみのこと
のぞけばきみのいちにちが ちゃんと見える

お風呂で楽しく遊んでいるあいだに
めがねをぴかぴかに洗っておくね
ぴかぴかの明日が きみに訪れるように
また新しいいちにちを 見つめるために