<< Back



花一匁



胸の震えるような
こぬか雨が降る

さくらのはなびらたなごころにうけた
ささやかなささやかなおもみ
花一匁

こころのおもみも抱きしめて
見つけられるか
夢一匁

少し内向く右の靴
風の行く先知らぬまま
爪先に残る幼さ頼りに
歩いていきたい はないちもんめ
生きてゆきたい はないちもんめ